【書評】NLP速読術

【書名】NLP速読術
【サブタイトル】1冊10分で本が読める
【著者】松島直也
【出版】フォレスト出版
【発行】2010.01.17

 以前読んだ本を再読。
 先日、フォトリーディング講座を受講してきたので、そこで学んだことを補完するのと、自分の情報処理能力の向上のために改めて読んでみた。
 結論から言えば、書いている内容(読書法)に関して言えば、フォトリーディングとほぼ同じ。ただし「あなたもいままでの10倍速く本が読める」より、具体的な部分もあるように思う。そういう意味では、補完的な情報を得るという目的は達成。
 特に、NLPを全面に出しているだけあって、心の状態を読書や情報処理に適した状態にする方法に関しては、具体的で説得力もあったように思う。
 たまに読み返してみると良いかもしれない。

マインドマップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください