想像力

 事故米流通先の業者が自殺 公表後に自宅で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080917-00000935-san-soci

 三笠フーズから始まった汚染米関連で自殺者が出ました。

 「消された年金」の問題も同じだが、このような問題に関わっている人たち(特に公務員)は、自分のやっていること(そしてやらないこと)がどのような結果をもたらすのか、もう少し、頭を使って考えて欲しい。
 あまりに自分の行動の結果に対する想像力が欠落しているのではないでしょうか。

 やはり、政治に期待するしかない。
 「首相なんて、誰がやっても同じ」という言葉が普通に出てくること自体がおかしいのだ。

 次期政権に期待すること

  • 短期的な景気対策ではなく、中長期的なビジョンを持った経済政策
  • 百年後の日本を考えた人づくり -教育改革-
  • 環境問題
  • 世界の中の日本の位置付けを明確にして欲しい
  • 国防

つーか、あたりまえのことをあたりまえにやってほしい。政権取りに奔走するのではなく!

 国政に携わる人は、国の問題に注力して欲しい。
 だから、国会議員は減らして、地方にもっと権限を委譲すべきだ。貧乏な地方は大変だろうけど。
 でも、それによって、もっと地域の人は身近な問題を考えるようになるだろう。

 次の選挙は、どこを支持すべきか、本当に悩ましい…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 事故米|問題発生に対する食品業界の対応

    事故米に関するニュースが、連日話題になっていますね。
    食品業界の不祥事のニュースは、昨年あたりから非常に多くなってきました。
    一番最初に食品業界の不祥事が大きなニュースになったのは、雪印の食中毒事件だったでしょうか?
    その後は、賞味期限改ざんでは白い恋人…….

  2. アバター umezaki より:

    この事件に関わった、あるいは黙認していた農水省の役人こそ自殺すべきだと思います。国民の健康をないがしろにし、切羽詰った食品業者を魔女狩りのごとく責任転嫁する輩こそ命をもって国民に償うべきだ!